ヒゲデザインでヒゲのデメリットをメリットに | おすすめヒゲ脱毛を徹底解説

ここ数年流行している男性脱毛の中でも「ヒゲ脱毛」は、圧倒的な人気を誇る脱毛です。

体毛の中でも、特にヒゲは、他人によく見られる部位でもあるため、日頃の手入れが必要となります。

肌が白いと、ヒゲ剃り跡が青くなってしまい、それが恥ずかしいと感じる男性もいますね。

男性の多くが「ヒゲの手入れが面倒くさい」と感じながら、毎朝、ヒゲ剃りを行っていますが、ここ最近ファッションとしてヒゲを生やす男性が増えてきています。

その理由として、ヒゲ脱毛でヒゲの手入れが楽になり、さらにヒゲをかっこよくデザインすることが可能となったことも要因となっています。

今回は、ヒゲデザインとヒゲ脱毛についてメリットやデメリットなど詳しくご紹介します。

ヒゲが濃い方やヒゲ剃りの時間を短縮したい方は、ぜひ、参考にしてみてください。

梅田美容山本クリニック メンズ脱毛
ウェルネスビューティークリニックのヒゲ脱毛の詳細はここから

ヒゲのデメリット

上唇の上に生えるヒゲを「口髭」、頬に生えるヒゲを「頬髭」、顎周りに生えるヒゲを「顎鬚」と生える箇所によって、ヒゲの名称に違いがあります。

本数も箇所によりますが、平均して1㎡辺り約120本、全ての箇所をまとめると、顔全体で、20,000~30,000本ほどが生えていると言われています。

そんなヒゲに世の男性は、どんなデメリットを感じしているのでしょうか?

ヒゲ剃りで肌が荒れる

女性に比べて男性の体毛は、太く剛毛なため、カミソリやシェーバーで同じ個所を何度も剃ったり、強く押し付けて剃ったりすることで、肌の表面を構成する角質層が傷つき剥がれてします。

そのため、肌の水分が保てなくなり、乾燥して雑菌などによって肌荒れを起こしてしまいます。

肌の保湿と肌荒れの悩みにつながります。

青ヒゲの悩みが発生する

「念入りにヒゲを深剃りしても、青くヒゲが残ってしまう」

「朝しっかりとヒゲを剃っても、時間が経ち、夕方ごろになると、ヒゲが早くも伸びてきて口や顎周りが青くなって見た目が良くない、恥ずかしい」

と、ヒゲが濃いと剃り残しやすぐ生えてくるためコンプレックスを抱えて悩んでしまいます。

肌が白いとなおの事、青ヒゲが目立ちます。

毎日のヒゲ剃りに時間がかかり、面倒くさい

男性がヒゲ剃りで一番多くデメリットと感じているのは、毎日のヒゲ剃りです。

ヒゲ剃りは、手間も時間もかかって面倒くさいですよね。

仕事や学校に行く前の毎朝たった数分だけのヒゲ剃りですが、1週間・1ヵ月・1年と考えると膨大な時間を浪費していることになります。

ヒゲが濃い男性の場合、さらに時間を要することになります。

寝坊した時などは、朝のヒゲ剃りが出来なくて、駅や電車の中、または会社でシェーバーするなどの非常事態も発生します。

世の中の男性は、この朝の数分にかなりの負荷がかかっています。

休みの日などは、ヒゲ剃りしない場合もありますよね。

ヒゲ脱毛のメリット

ヒゲのデメリットやコンプレックスを解消するには、ヒゲ脱毛をオススメします。

おススメは、医療レーザーのヒゲ脱毛です。

医療機関ですので、医師、看護師がいて、万が一のトラブル時にも、安心です。

医療脱毛は、永久脱毛とよばれる脱毛ができますので、ヒゲとはもうおさらばしたい方は、この脱毛方法一択です。

ヒゲよ、さらば!

医療脱毛です。

ウェルネスビューティークリニック大阪院の詳細はこちらから!

肌への負担が減るメリット

毎日のヒゲ剃りや強引な剃り方をしなくなるため、肌への負担が減り、肌トラブルが起きにくくなります。

肌のダメージによって荒れていた肌も、良い状態になるでしょう。

カミソリ負けの心配もありません。

剛毛の方は、理容室などのひげそりで、カミソリ負けして出血することもあるかと思いますが、もう心配ありません。

清潔感を保てるメリット

夕方ごろ、濃いヒゲが生えて口や顎周りが青くなることもなくなるため、清潔感が保たれ、今まで感じていたコンプレックスが解消されるでしょう。

自分に自信が持てて、人目を気にせず、精神的なストレスとは無縁の生活を目指せますし、女性受けも良くなり、清潔感が上がり、好感度アップも期待できます。

合コン前や食事会前にヒゲを剃らなくてもよくなりますね、ちょっと時間と手間が減りますよね。

ヒゲ剃りの手間と時間を削減のメリット

毎日行っていたヒゲ剃りの手間と時間を省くことができます。

また、旅行や出張で持参していたシェーバーやカミソリを持って行かなくてよくなります。

ヒゲ剃りに使っていた時間を有効的に使うことができ、日々の生活を快適に暮らしましょう。

費用対効果が良いという金銭的メリット

ヒゲ脱毛の費用は、一度に出費する額は、確かに大きいです。

ただ、長年、シェーバーやカミソリなどでヒゲ剃りをするとなると、刃を交換したり、電気シェーバーの替え刃や掃除の時に使う洗浄液やメンテナンス時のオイルなど、消耗品に使う金額は、ヒゲ脱毛に比べて割高となります。

長期的に考えて、消耗品にかかる費用の総額や時間なども見積もれば、ヒゲ脱毛する方が、費用対効果が良いと判断できます。

ヒゲをデザインする

ヒゲ剃りのメリットを見てきました。

ヒゲ脱毛をすることで、ヒゲを完全にツルツルにすると、かなりのメリットがあることがお分かりいただけたらと思います。

世の男性の中には、ツルツルまではしたくないが、減毛したり、ヒゲをかっこよくデザインしたい、という方がいます。

減毛とは、ヒゲ脱毛で、毛の本数を減らして、ヒゲ剃りを楽にしたりすることです。

ヒゲデザインとは、希望の形にヒゲを生やして、いらない部分は、脱毛でツルツルにするということです。

ヒゲも綺麗に整えてデザインすることで、かっこよくて、清潔感あるルックスになります。

どの箇所に生やすのが良いのか、自分に合った理想的なヒゲのデザインを見つけてみましょう。

あごヒゲタイプ

あごヒゲタイプは顔の形や髪型などどんなタイプの男性でも合うオールマイティーなヒゲです。ヒゲの長さなど伸ばし過ぎないようにしておけば良いでしょう。

あごの輪郭に沿ってヒゲをデザインすることで綺麗に見せることができます。

くちヒゲタイプ

上唇の上に生やすくちヒゲタイプは、ダンディーな雰囲気を醸し出してカッコイイ大人の男を演出することができます。

ただし、くちヒゲタイプは、人を選ぶヒゲデザインのため生やす前に自分に似合うかどうか、周りの意見を聞いてみると良いでしょう。

くち+あごヒゲタイプ

くちとあごに生やすこのタイプは、ヒゲを長く濃く生やすと、泥棒ヒゲのようになってしまうため、ヒゲを生やす箇所の面積を狭く密度を薄くすることで、ナチュラルな感じを演出して好感が得られるヒゲデザインになります。

無精ヒゲタイプ

上唇の上に生やす口ヒゲは、綺麗に整えて他の箇所汚くならない程度に少し生やしておくことで、ワイルドな感じの無精ヒゲタイプになります。

海外で人気のある無精ヒゲタイプは、これですね。

日常の手入れもラクなデザインのヒゲですが、放置したままにしておくと、第一印象が悪くなるので注意が必要です。

また、一般的なビジネスなどには向いていないヒゲデザインですので、日常生活では、注意ですね。

アーティスト、俳優など、ビジネスなどに支障が出ない方にはいいと思います。

ほほ+くち+あごヒゲ全体タイプ

全体的に生やすこのヒゲスタイルが似合うのは、海外の男性または芸能人などかなり限定されます。

一般の方でも似合い方はいますが、嫌悪感を持たれないようにするのは、至難の業です。

難易度の高いヒゲデザインと言えます。

https://mendatsu.net/wp-content/uploads/2019/09/bd3f9c6fe7e2415be02770cdb44caf14_s-1.jpg

ウェルネスビューティークリニック大阪院の詳細はこちらから!

ヒゲ脱毛するなら医療レーザーで脱毛すべし

ヒゲ脱毛の効果が高く、脱毛治療期間が短く安心・安全に施術できる医療レーザー脱毛。

ウェルネスビューティークリニックでは、医療機関でしか受けられない脱毛体験をすることができます。

医療レーザー脱毛は、脱毛効果が高く、比較的短期間に希望の脱毛が完了します。

医師が行うため、レーザーの出力が高いためですが、その分、痛みもあります。

痛みが心配な方は、麻酔などもありますので、カウンセリング時に聞いてみましょう。

医療認可のレーザー脱毛機

医師免許を取得した医師のみが使用できる医療レーザー脱毛機なので安心かつ安全に脱毛ができます。

レーザー脱毛機の清潔感も重要ですね。

脱毛効果も高い医療レーザーがおすすめです。

迅速な施術と高い効果

ウェルネスビューティークリニックの医療レーザー脱毛機は、照射される面積が広いため短期間で脱毛効果を期待できます。

脱毛施術で、毛が抜けて生えかわる期間がありますので、どうしても半年から一年くらいかかりますが、脱毛期間としては、比較的短期間です。

強力なレーザー照射

強力なレーザー照射で毛根からヒゲを除去するので、ヤケドや皮膚が傷つくことなく脱毛できます。

医療レーザーは、効果が高い分、痛みもあります。

痛みに弱い方や心配な方は、痛みを軽減させる「表面麻酔(塗るタイプの麻酔)」、「笑気麻酔(吸い込むタイプの麻酔)」と各種麻酔を用意しているので、安心して脱毛体験ができます。

https://mendatsu.net/

医療レーザー脱毛を受けられないケース

医師が施術する医療脱毛ですが、施術を受けられない場合があります。

気を付けてください。

下記のいづれかに当てはまる方は、事前にカウンセリング時に相談しましょう。

  • てんかんなどの持病がありレーザーの光の刺激で発作が起こる可能性がある方
  • ステロイド薬などの特定の薬を服用している方
  • 手術などで手術跡が残っている方
  • 日光浴や日焼けサロンなどで真っ黒に肌を日焼けしている方
  • ペースメーカーなどを植え込み手術している方
  • インプラントや歯列矯正をしている方

身体的に健康な状態であれば、脱毛することは基本的にできますが、虚偽の申告はせずに必ずカウンセラーに事前相談しましょう。

メンズ脱毛サプリ

ヒゲデザインまとめ

いかがでしたでしょうか。

ヒゲ専門の医療脱毛で自分好みの形に整えて、おしゃれなヒゲデザイン脱毛を体験してみませんか?

そして、毎日のヒゲ剃りやそれに伴う肌トラブルから解放されて有意義な時間を過ごせるようになります。

ヒゲ脱毛の悩みを解決するのは、ウェルネスビューティークリニックです。

ウェルネスビューティークリニック大阪院の詳細はこちらから!

ヒゲ脱毛月々3,000円
医療脱毛のメンズリゼのヒゲ脱毛はこちら

TOPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA