新型コロナの影響でメンズ脱毛ニーズにも変化が出ている

新型コロナ過にともなう外出自粛要請も解除され、少しずつですが、街に人が戻りつつありますね。

人との接触を避けましょう、ソーシャルディスタンスを取りましょうなど、新型コロナ対策があらゆるところで取られてきました。

ただ、ずっと、自粛生活というのはできるものではありません。

感染予防に細心の注意を払いつつ、社会生活を取り戻したいですよね。

コロナも心配だけど、脱毛したい!

麗子

メンズヒゲ脱毛ニーズが根強い

外出時、みんながマスクをするようになったことで、ヒゲを隠しやすくなりましたね。

男性のヒゲ脱毛にとって、これはある意味メリットなのかも知れません。

メンズ脱毛には、全身脱毛やVIO脱毛がありますが、ひげ脱毛のニーズは根強いです。

実は、コロナで増えたのが、ヒゲデザイン脱毛です。

ヒゲを伸ばしてもマスクで隠しやすく、理想のヒゲの形まで隠しやすくなったため、ヒゲデザイン脱毛がやりやすくなったのが要因ではないでしょうか。

また、通勤ワークに戻ったサラリーマンでも、在宅勤務でも会議(リモートのウェブ会議)では、マスクを外したりするので、ひげを気にする人が確実にいるのです。

ヒゲやムダ毛の日々の手入れは相変わらずしなくてはいけないため、コロナ前と変わらず、ヒゲデザイン脱毛には、根強いニーズがあります。

コロナ前よりも、清潔感や衛生面に敏感になっています

コロナによって、人々の清潔感に対しての意識が高まりました。

日本人は、きれい好きでしたが、さらに敏感になってきています。

それは、ムダ毛の処理にもあらわれています。

脱毛することで、清潔感が出る、ということで、脱毛ニーズがさらに伸びています。

また、脱毛には、ある程度の時間がかかるため、永久脱毛を目指す方などは、来年の脱毛完了を目指して、今の内から脱毛を考えている方も多いです。

コロナが収束したあとは、思いっきり、外出、旅行、リゾートなどを楽しむために、いまのうちから脱毛はありだと思います。

自宅で巣ごもりもいいのですが、ルックスに無頓着でいい、というものでもなさそうです。

脱毛サロン、クリニックに求められる衛生管理とコロナ対策

自宅で巣ごもりもいいのですが、コロナ過が発生する前から脱毛コースを始めていて、まだ途中であったり、どうしても脱毛したい、という方も多いです。

脱毛サロンや脱毛クリニックは、大勢が集まる、いわゆる密の状態ではないですが、脱毛施術の際に、体に接触しますので、手指の消毒など、スタッフの一人一人が注意を払っています。

施術中は、もちろんマスク着用ですので、感染リスクは極力抑えられていると言えます。

また、体温管理を徹底するなど、スタッフの体調管理の徹底、お客様の健康状態の把握など、対策に万全を期しています。

脱毛機材の消毒、マットなどの消毒も行って、対策はかなりされていると言えます。

もちろん、対策は、完璧はないのですが、いまできることをスタッフ全員が考えて行動されていると思います。

衛生管理の項目

施設面でのコロナ対策

店内の十分な換気

手指の消毒液の設置と入店時などの消毒の徹底

入店時の体温測定

マスク着用の徹底

スタッフの手洗い、うがいの徹底

手に触れる物の定期的な消毒

施術面でのコロナ対策

コロナ対策用の新メニューや新コースの設定

柔軟なコース変更などの対応

施術に関する心配事の相談窓口の設置

ハナ

コロナ対策バッチリしてますね

脱毛サロン、脱毛クリニックは、このようなコロナ対策を実施していて、できる限りの対策を取っているといえます。

コロナが心配だな、でも脱毛もしたい、という方は、いきたい店舗に連絡して、確認されてみてはどうでしょうか。

無料カウンセリングもあり、コロナを考慮した脱毛料金体系であったり、時短コースの設定、コロナ対策の詳細など、丁寧に教えていただけます。

まだまだコロナ過が続くと思いますが、感染対策に気を付けながら、脱毛したいですね。

TOPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA