『新語・流行語大賞』ノミネート30語発表 新型コロナ関連 「鬼滅の刃」「愛の不時着」など話題作も

今年最も話題となった言葉を選ぶ『現代用語の基礎知識選 2020ユーキャン新語・流行語大賞』のノミネート30語が5日、発表された。今年は日本だけではなく、世界中が新型コロナウイルス関連の話題一色になった年。

ノミネート30語には「アベノマスク」「3密(三つの密)」「おうち時間/ステイホーム」「テレワーク/ワーケーション」といった関連語が多数選出。

一方で、自粛ムードが続く中でも、楽しみや流行もあり「あつ森」をはじめ、映画化された「鬼滅の刃」、動画配信ドラマ「愛の不時着」、『半沢直樹』の「顔芸/恩返し」なども入った。(ORICON NEWより)

 

■ノミネート語30は以下のとおり(50音順) No. ノミネート語

1.愛の不時着/第4次韓流ブーム

2.新しい生活様式/ニューノーマル

3.あつ森

4.アベノマスク

5.アマビエ

6.ウーバーイーツ

7.AI超え

8.エッセンシャルワーカー

9.おうち時間/ステイホーム

10.オンライン○○

11.顔芸/恩返し

12.カゴパク

13.鬼滅の刃

14.クラスター

15.香水

16.GoToキャンペーン

17.3密(三つの密)

18.自粛警察

19.Zoom映え

20.総合的、俯瞰的

21.ソーシャルディスタンス

22.ソロキャンプ

23.テレワーク/ワーケーション

24.時を戻そう(ぺこぱ)

25.Niziu(ニジュー)

26.濃厚接触者

27.BLM(BlackLivesMatter)運動

28.PCR検査

29.フワちゃん

30.まぁねぇ~(ぼる塾)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA