青木時男のwikiプロフ!出身高校や大学はどこ?年収や結婚した妻(嫁)や子供は?

こんにちは!

今回は、みなさんお世話になっているであろう、味噌汁でおなじみ、マルコメの社長さんである、青木時男さんについて調査します!

青木時男さんのwikiプロフや、出身高校や大学はどこでしょうか?

また、気になる年収や、結婚した妻(嫁)や子供はいらっしゃるのか、調査します!

スポンサーリンク


青木時男のwikiプロフ!

マルコメは、創業160年を超える老舗です。

みなさんも絶対聞いたことはりますよね。

味噌などを販売していますが、最近は食事の欧米化などで、味噌汁離れが進んでいるそうです。

確かに、私も味噌汁を作ることがあんまりありません。味噌は必ず冷蔵庫にはいるんですけど・・・

そんな厳しい業界で、トップを走るマルコメの社長、青木時男さんのプロフィールをご紹介します!

名前:青木時男

読み方:あおき ときお

生年月日:1957年2月26日

出身地:長崎県

青木時男さんは、大学卒業後、食品問屋に5年間勤めて修行しています。

その頃は、朝から晩まで働き、歩きながら寝るという状況だったそうです。

その後1984年に、マルコメ味噌株式会社に入社します。

1986年に取締役に就任し、1992年に取締役副社長に就任、1998年に代表取締役社長に就任します。

青木時男さんが、『青木佐太郎』を襲名すれば、4代目になるそうです。

歌舞伎のように、名前を襲名する形式なんですね!

創業が1854年の安政元年ですから、歴史を感じます。

マルコメは歴史がありますが、それだけではなくて、だし入り味噌や、液体の味噌など、冒険もしています。

そういうチャレンジ精神が、業界でトップの秘訣なのでしょう。

また、マルコメといえば、坊主頭のマルコメくんですよね。

そう言ったイメージ戦略も成功していると思います。

最近では、糀甘酒も売り出し、ヒットしてます。

発酵食品とか、酵母って、今女性も間でブームですよね。

美容と健康にいいから、私も飲んだりします。

この、糀を使った商品シリーズは大ヒットして、年間約21億円のヒット商品になっていますし、モデルのミランダカーさんも糀を食事に取り入れているそうです。

その後も、糀を使った『hacco(ハッコ)』を発売し、女性を狙った商品展開をしています。

味噌離れが進んでいますから、新たな道を作っていかなければならないんですね。

青木時男さんは、

「みその1300年の歴史からみたら160年に過ぎないが、わが社が作り続けた発酵食品が、今の日本人の食生活や長寿の一翼を担ってきた自負心もある。発酵食品の文化を伝えていくためにも、さらに健康創造産業として業界を盛り上げていきたい。昔ながらの熟成方法など優れたものを大切にする『守』、だし入りみそや液みそ、みそ汁サーバーなど消費者のニーズに応じた商品を作り出す『破』、みそメーカーから発酵食品メーカーへと歩みを新たにした『離』という『守・破・離』のバランスを取っていこうと考えている」

引用:産経

という考えだそうです。

青木時男の出身高校や大学はどこ?

青木時男さんの出身高校は情報がなかったのですが、大学は慶應義塾大学です。

さすが高学歴ですね!

マルコメの跡取りですしね。

スポンサーリンク


青木時男の年収は?

マルコメの資本金は。450億8000万円というかなりの大手です。

役員平均年収ランキングがあったので見てみましたが、マルコメは500位の中に入っていませんでした。

500位の役員の平均年収が3550万円でしたので、それ以下なのでしょう。

そう思うと、あまりもらっておられませんね。

低く設定して、開発に使っておられるのかもしれません。

青木時男は結婚して妻(嫁)や子供はいる?

青木時男さんが結婚しておられるか情報がありませんでしたが、世襲制の会社のようですので、結婚はされていると思います。

次の社長を今育てている最中なのではないでしょうか。

まとめ

味噌だけではなく、糀などに力を入れて、生き残りをかけているマルコメの社長、青木時男さん。

味噌も魅力たっぷりなので、健康ブームの今、見直したいですよね!

だし入り味噌や液状味噌など、マルコメはチャレンジを続けています。

青木時男さんは修行して今の地位があります。

これからも新しいことにチャレンジされると思います!

スポンサーリンク






 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です