美内すずえの夫(旦那)や現在の執筆状況は?年収や性格が気になる!

ガラスの仮面の続きが気になって仕方ありません!

速水さんが大好きです!

心ときめく展開を見せる『ガラスの仮面』を執筆中の美内すずえ先生。

美内すずえ先生の夫や現在の執筆状況はどうなっているんでしょう?

また、年収や美内すずえ先生の性格もきになります!

調査していきましょう!

スポンサーリンク


美内すずえ先生の経歴!

それでは、美内すずえ先生の経歴をみていきましょう。

  • 名前:美内すずえ
  • 本名:西尾鈴江
  • 生年月日:1951年2月20日
  • 年齢:67歳
  • 出身地:大阪府大阪市

実家は理髪店だそうで、子供の時から映画が大好きだったそうです。

漫画も好きだったのですが、母親から漫画を読むことを禁じられて、読めないなら自分で書こうと思い立ち、漫画を描き始めました。

1967年の16歳、高校生の時に、『別冊マーガレット』でデビューしたので、漫画を描き始めてからデビューまでが短いですね!

映画をよくみていたため、ストーリーの作り方が上手なのかもしれません。

今大人気の『ガラスの仮面』が始まったのは、1976年。

この作品は1995年に第24回日本漫画家協会賞優秀賞も受賞しています。

『ガラスの仮面』は演劇少女なら誰しもハマったのではないでしょうか・・?

私もその一人です。

速水さんは大人の色気ムンムンだし、マヤとの恋の行方もきになるし・・・・

紅天女も亜弓さんとどっち!

という、見逃せない展開です。

『ガラスの仮面』は2017年で連載40年を迎えています。すごいですよね〜。40年前の作品の続編をまだまだ待ち望んでいる人がいて、しかも世代も様々なんですよ!

美内すずえ先生自身も2017年に漫画家生活が50年を迎えられています。

美内すずえ先生の作品はこれだけではなくて、『妖鬼妃伝』でも、第6回講談社漫画賞を受賞しています。

美内すずえ先生の夫はどんな方?

美内すずえ先生を支える夫はどんな方なのでしょう?

美内すずえ先生の夫は、カフェを経営しています。

カフェの名前は「カフェ・デュ・クレプスキュール」です。

吉祥寺と山梨県甲府市にあります。

美内すずえ先生の旦那さんがいるのは吉祥寺です。

このカフェは、美内すずえ先生のアトリエにもなっていて、美内すずえ先生のファンも多く訪れています。

クレプスキュールとは、薄明かり、薄暮れという意味だそうです。

店のシンボルはフクロウで、店内にお客さんが持ってきたフクロウがたくさん置いてあります。

気になった方は行ってみてくださいね!

カフェだけではなくて、食事も美味しいですよ!

住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町4-24-21

美内すずえ先生の現在の執筆状況は?

美内すずえ先生先生にはみかんの作品が何個かあるのですが、その中でも『ガラスの仮面』に注目したいと思います。

美内すずえ先生は、このガラスの仮面を連載中に、本屋でたまたま読者に遭遇して、否定的な意見を聞いて自身が揺らいだこともあります。

なかなか連載が進まない理由に、連載中に10年間休止していたのもあります。

美内すずえ先生は『O-EN NETWORK』という精神世界を探求する団体を主催しています。

実は美内すずえ先生は、子供の頃から不思議な体験を何度もしているそうで、雑誌に『例が大事故から救ってくれた』と言っています。

また、2004年のコミックス42巻は、連載されていた原稿を一切使わずに全編書き下ろししているので、それも時間がかかる理由だと思われます。

そして、連載していた『別冊花とゆめ』も休刊してしまうなど、時代とともに変化もありました。

美内すずえ先生は、もう結末は20年前に出来上がっていて、セリフも構図も決まっていると言っていますが、本人も「どうしてなかなか行き着かないのか・・・」と苦笑いするしかないようです。

ガラスの仮面の舞台の監修なども行なっていますし、それもなかなか進まない理由でしょうね。

今8合目らしいので、じっと待ちましょう!

スポンサーリンク


美内すずえ先生の年収はどれくらい?

美内すずえ先生の年収はどれくらいなのでしょう?

漫画の売り上げと、舞台化の権利の収入もありますよね。

ジャンプのワンピースの尾田栄一郎先生で、年収4.6億円だそうです。

さすがに、ワンピースのように発行しているわけではないので、億まで行かないと思いますが、1000万くらいはあると思われます。

でも、お金じゃない!

美内すずえ先生!速水さんとマヤの恋の行方を早く〜〜!

美内すずえ先生の性格は?

美内すずえ先生は、大阪生まれですし、結構面白い方なのです。

ガラスの仮面について、

『実は最終回は20年前にできてるんです。らすとーんの構図もセリフも全部書いてて、早く実現化したいんですけど。だけどめ、ちょっと置いとこう、他に行こうで、なかなかそこに行き着かなくて。諦めたわけじゃないんですけど、本当申し訳ありませんね』

と微笑んで、会場は笑いに包まれました。

結構飽き性もあるのかもしれませんね。

ガラスの仮面はなんとか!お願いします!

まとめ

ガラスの仮面を待ち望んでいる読者が多い美内すずえ先生。

ラストはできているそうです。

旦那さんはカフェを経営し、美内すずえ先生を支えています。

もう8合目まできているそうなので、一気に登ってしまいましょう!美内すずえ先生!

スポンサーリンク






 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です