前田紘孝の経歴!出身高校・大学はどこ?ウォーターボーイズの役名は何?

映画、ウォーターボーイズに出演された前田紘孝さんが亡くなりました。

映画『ウォーターボーイズ』が放映されたのは、2001年です。

もう18年前だと思うと、ゾッとします・・・

今回は、前田紘孝さんの経歴や、出身高校・大学を照査します!

また、ウォーターボーイズでの役名や、他の出演作を調査します!

スポンサーリンク


前田紘孝の経歴は?

それでは、前田紘孝さんのプロフィールから見ていきましょう。

  • 名前:前田紘孝
  • 生年月日:1980年4月6日
  • 出身地:北海道
  • 身長:175cm

現在38歳ですから、ウォーターボーイズに出ていた頃は19か20歳ですね。

役者を目指していたのは大学時代だと本人が言われているんので、その際に映画に出演されたのです。

俳優を辞めてからは、映画の共演者と一緒に2010年に製作会社を設立し、映画プロッデューサーとして活躍されていました。

その製作会社は、『株式会社ソウルエイジ』です。また、映画プロデュース会社としてスクラムトライ合同会社の代表でもあります。

2014年にプロデューズした、『そこのみて光輝く』は、キネマ旬報ベストテンの第1位となり、モントリオール世界映画祭にて監督が最優秀監督賞、出演していた池脇千鶴さんが、アジアフィルムアワードで最優秀助演女優賞を受賞するなど、大成功でした。

前田紘孝さんがプロデュースした作品としては、2019年1月18日には、三上博史さんが約14年ぶりに映画主演を果たした「LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て」が公開されることになっています。

前田紘孝さんは、大学卒業後、金融機関に勤務し、経験を積んでいました。

結婚もして、お子さんもいらっしゃいます。

奥様やお子さんたちはどれだけショックを受けているでしょう・・・

前田紘孝さんのフェイスブックにある、好きな言葉。

人事を尽くして天命を待つ。

すごく意味を深く感じてしまいます。

前田紘孝の出身高校・大学は?

前田紘孝さんの出身高校は、大阪府立岡高等学校です。

この高校は、偏差値60なので、頭がいいですね。

松下電器取締役社長の大坪文雄氏や、ジェームス三木さんなど、有名な方が出身者としておられます。

そして、出身大学は東京都立大学の経済学部経済学科です。

優秀なんですね!

スポンサーリンク


前田紘孝のウォーターボーイズの役名は?

ウォーターボーイズでの役名はなんだったのでしょう?

調べてみると、『マエダ』役でした。

そのままですね。

そんなもんなのですね〜。

ちなみに、役者として出演したのはその作品だけでした。

前田紘孝のプロデュース作品は?

前田紘孝さんのプロデューズ作品としては、

映画は

「神様はバリにいる」堤真一主演
2014年公開予定

「そこにみにて光輝く
」綾野剛主演
2014年公開予定

「海炭市叙景」
2010 年公開 東京国際映画祭コンペティション

「ピュ〜ぴる」
2011公開 ロッテルダム映画祭ベスト10

を筆頭に、

『死んだ目をした少年』(2015年) – エグゼクティブ・プロデューサー

『東京の日』(2015年)

『つむぐもの』(2016年)

などがります。

音楽イベントFAMILY:2011〜2012

舞台もプロデュースされていて、
「月にゆく」@座高円寺2012

「スマイルデッド」@BXホール

があります。

プロデューサーとして、かなり優秀な方ですね。

どれも面白そうなので、これを機会に鑑賞されてはいかがでしょうか?

まとめ

ウォーターボーイズにマエダ役として出演された前田紘孝さん。

大学時代に役者を目指していましたが、ウォーターボーイズの出演のみで、あとはプロデューズ業に励まれていました。

プロデューズ業も順調で、家族もあり、幸せだったと思います。

人事を尽くして天命を待つという言葉が好きだった前田紘孝さん。

人事を尽くしたのでしょうか。

ここまで読んでいただいてありがとうございました!

スポンサーリンク






 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です