村澤明伸の結婚した嫁(妻)や年収は?残留理由や今後の移籍先が気になる!

ニューイヤー駅伝(全日本実業団駅伝)優勝2回などを誇る強豪の日清食品グループ陸上部が活動を大幅に縮小することが発表されました!

NHK『いだてん』がスタートし、今春の入社予定も決まっていたのに、なぜ今頃になって活動を大幅に縮小するのか、話題になっています。

そんな中、村澤明伸選手は残留が言われています。残留するのか、移籍するのかは本人の意思によるのですが、なぜ残留を言われているのか?また移籍するならどこなのか?気になります!

そして、村澤明伸選手は結婚して嫁がいるのか?年収も調査したいと思います!

スポンサーリンク


村澤明伸選手のプロフィールは?

それでは、村澤明伸選手のプロフィールからご紹介します!

  • 名前:村澤明伸
  • 読み方:むらさわ あきのぶ
  • 生年月日:1991年3月28日
  • 出身地:長野県塩尻市
  • 出身高校:佐久長聖高等学校
  • 出身大学:東海大学体育学部

陸上を始めたのはお兄さんの影響で、中学2年生からです。

村澤明伸選手は3兄弟の末っ子なのですが、2番目のお兄さんが陸上選手で、洋介さんといいます。

中学校には陸上部がなかったので、サッカー部だったそうなのですが、走るということでは両方共通していますね。

高校は、長距離走の名門の佐久長聖高等学校でした。

陸上だけではなく、世界クロスカントリー選手権のジュニア大会日本代表に選ばれたこともあります!

高校から駅伝に挑戦し、2008年には優勝しています。

特にすごいのが東海大学に進学した後の2011年の箱根駅伝と都道府県対抗駅伝!

箱根駅伝で27人抜き、都道府県対抗駅伝で24人抜き!

みていて大興奮しますよね!!

2012年頃からは調子が悪かったのですが、その理由として、

「大学3年から捻挫を繰り返したりして
年間を通して練習できなかった。

それに社会人2年目にはアキレス腱を再び痛めたりし、
そのあともいろいろな故障が続いて
長引かせてしまっていました。」

と言っています。

村澤明伸選手の記録は、

  • 2008 第13回天皇盃 駅伝(5区)8.5 km 区間賞
  • 2008 第63回国民体育大会 10000m 2位
  • 2009 第78回日本学生陸上競技対校選手権 10000m 2位
  • 2009 第14回全国都道府県対抗男子駅伝 駅伝(5区)8.5 km 区間賞/区間新記録
  • 2010 第79回日本学生陸上競技対校選手権大会 10000m 2位
  • 2011 第90回関東学生陸上競技対校選手権大会 5000m 2位
  • 2011 第87回東京箱根間往復大学駅伝競走 駅伝(2区)23.2 km 区間賞 17人抜き
  • 2011 第16回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会 3区)8.5 km 区間賞 24人抜き
  • 2011 第19回アジア陸上競技選手権大会 10000m 3位
  • 2014 第55回東日本実業団対抗駅伝競走大会 駅伝(7区)13.5 km 区間賞
  • 2017 北海道マラソン2017 マラソン 優勝(MGC出場権獲得)

ということで、2020年東京オリンピックの代表資格を1つクリアしています!

村澤明伸選手のお嫁さんについてですが、奥様は、小島理央さんという、長距離選手をしていた方だそうです。

村澤明伸選手の年収は?

村澤明伸選手は年収はどれくらいなのでしょうか?

村澤明伸選手は日清食品の社員なので、平均年収は804万円だそうです。(平均年収.jpより)

高いですね〜〜。

ですので、村澤明伸選手もそれくらいだと推測されます。

スポンサーリンク


村澤明伸選手の残留理由は?

佐藤悠基選手と二人だけ残留を促されている村澤明伸選手ですが、なぜ日清食品から残留を言われているのでしょうか?

一番大きい理由は、20年東京五輪マラソン代表選考会(MGC)の出場権を持つことだと思われます。

もう一人の残留選手の佐藤選手も同様にMGCの出場資格を持っています。そのことについて、世間の意見は、

という意見が出ています。

村澤明伸選手が移籍するとしたらどこか?

佐藤悠基選手が残留するか、移籍するかは本人次第ですが、

という意見もあり、移籍する可能性もあります。

移籍先としてはどこが有力なのでしょうか?

強豪選手を有するマラソン実業団としては、

旭化成、コニカミノルタ、安川電機、九電工などがあるようです。

どちらにしろ、佐藤悠基選手がしっかり競技を続けることができる環境が欲しいですね!

まとめ

今春の採用まで決まっていたのに、取り消しにしてまで陸上の縮小をしてきた日清食品陸上部。

佐藤悠基選手がどうなるか、本人の意思によるとのことですが、競技人生をこれからも順調に送れるよう、いい環境ができるように祈っています!

スポンサーリンク






 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です