西川広人の学歴や自宅は?妻(嫁)や子供・家族が知りたい!愛車は何?

日産自動車の会長のカルロス・ゴーン会長が逮捕され、西川広人社長が会見を開きました。

西川社長もカルロス・ゴーン容疑者の逮捕には驚きを隠せないようでした。

今回は、日産自動車の社長である、西川広人社長について、学歴や、自宅は大きいのか?

また、結婚して妻(嫁)や子供、他の家族構成など調査したいと思います!また、もちろん愛車は日産でしょうが、どの車に乗っているのかも調べてみたいと思います!

スポンサーリンク


西川広人社長の学歴や経歴は?

それでは、西川広人社長の学歴や経歴を見てみましょう。

西川広人社長は、2017年4月1日付けで、日産自動車の代表取締役社長兼最高経営責任者に就任しています。

それでは、プロフィールを見てみましょう。

  • 名前:西川広人
  • 読み方:さいかわ ひろと
  • 生年月日:1953年11月14日
  • 年齢:65歳

出身大学は東京大学経済学部経済学科です。1977年に日産に入社しています。詳しい経歴はこの通りです。

1977年 4月 日産自動車株式会社入社
1999年 7月 欧州日産会社
2000年 4月 日産自動車株式会社 購買企画部 次長
2000年 10月 同社購買企画部 部長
2001年 4月 ルノーニッサンパーチェシングオーガニゼーション
エグゼクティブ ゼネラル マネジャー
2003年 4月 日産自動車株式会社 常務執行役員
2005年 4月 同社副社長
2005年 6月 同社副社長、取締役
2011年 6月 同社代表取締役、副社長
2013年 4月 同社代表取締役、副社長、チーフ コンペティティブ オフィサー
2014年 1月 同社代表取締役、副社長、チーフ コンペティティブ オフィサー
研究・開発、生産、SCM、購買、TCSX(トータル カスタマー サティスファクション ファンクション)、ソーシング ステアリング コミッティ、TdC競争力強化推進 担当
2014年 4月 同社代表取締役、CCO
2015年 6月 同社代表取締役、CCO、副会長
2016年 11月 同社代表取締役、共同最高経営責任者、 副会長
2017年4月 代表取締役社長・最高経営責任者に就任

出典:日産自動車サイト

まさに、エリート街道まっしぐらですね。日産自動車の中からの生え抜き社員ですから、相当仕事ができるのだと思います。そもそも日産の社長交代は17年ぶりだったので、どれくらい優秀かは想像できます。

カルロス・ゴーン氏のもとで、コスト削減や会社の再建に貢献した方です。

また、西川広人社長は日産が資本提携する自動車大手のルノーの取締役を兼務する唯一の日本人です。

どんだけ優秀なんだ!

年収も気になるのですが、2017年のデータを見てみますと、西川広人社長は4億円です。

どちらもすごい数字ですが、カルロス・ゴーン氏は10億もらっていましたから、大きい差はありますが、それでもかなりもらっていますね。

西川広人社長の自宅はどんな感じ?

日産の社長兼CEOですから、すごい自宅に住んでいると思われるのですが、情報はありませんでした。

なかなかの情報管理ですねw

それはそれはすごい家に住んでいると思われますが・・・・

高級マンションでしょうか?

4億もらえる人生って、どんな感じなのでしょう?

でも、記者会見を開いている西川広人社長の顔をみていると、決して楽な仕事ではないので、立派な自宅に住んでいても、大変なんだろうと思われます。

スポンサーリンク


西川広人社長の妻(嫁)や子供、家族は?

年齢的にはお孫さんもいてもおかしくない年齢ではありますが、結婚はされているのでしょうか?

調べてみたのですが、これも全く情報がありませんでした。

日産の社長ですから、ご家族がバレたら、それはそれで結構危険なのかもしれません。誘拐でもされたら大変ですから・・・

日産は情報管理がしっかりしていますね。さすがです。

西川広人社長の愛車は?

西川広人社長はもちろん日産車に乗っているはずですが、なんの車に乗っているのでしょう?

日産の高級車といえば、シーマ、フーガ、スカイラインなどありますが、どれでしょう?

憧れの日産高級車ランキングでは、

5位がエルグランド

4位がフーガ

3位がシーマ

2位がプレジデント

1位がGT-R

だそうです。

私なら、GT-Rに乗りたいのですが、西川広人社長はどれでしょうね?

情報はありませんでしたが、そもそももう自分で運転するようなレベルの人ではないような気もします。運転手さんが送り迎えしてくれることでしょう・・・・

まとめ

今回のことで、日産はしばらく大変だと思いますが、西川広人社長には頑張ってもらいたいです。

西川広人社長の責任も問われていて、辞任の可能性もあるのかもしれませんが、西川広人社長は、

「一日も早く会社を正常な状態にして先に進ませるためにやることが山積みしている。そこを進めるのが私の仕事だ。ガバナンス体制、執行体制についても、変えるべきところは変えていく。そこを足早にやっていくことに集中したい」

出典:朝日新聞

とおっしゃっていますから、続けて欲しいですね。

ここまで読んでくださってありがとうございました!

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です