鈴木太朗の作品の購入方法や価格(値段)を調査!年収や結婚について!

メディアアーティストという言葉を聞いたことがありますか?

今回取り上げる人は、メディアアーティストの鈴木太朗さんです。

メディアアーティストとは何か?

作品はどこでみられるのか?

作品を購入できるとすれば、購入価格(値段)はいくらかかるのか?

調査します!

年収や結婚についても調査します!

スポンサーリンク


メディアアートとは?

メディアアートとは、

メディアアートとは、コンピューターや電子機器などのテクノロジーを利用した芸術表現のことです。科学技術の進歩とともに、1990年代から芸術表現にもテクノロジーが活発に取り入れられるようになり、メディアアートという新たな芸術表現が生まれました。このようなテクノロジーを利用した作品の制作・発表を行う芸術家のことを【メディアアーティスト】と呼びます。

引用:はたらくビビビット

ということです。

いまいちピンとこないかかたに、メディアアートの表現方法をお伝えします。

インスタレーションアート

インスタレーションアートとは、ある特定の場所に

オブジェや装置を設置し、その空間全体を作品とする演出です。

見る方がその空間に入ると、五感全体で作品を体験できます。

きれいですね!

夢の中にいるようです!

インタクラティブアート

インタラクティブアート(Interactive art)とは、鑑賞者が何らかの方法で作品に参加し、鑑賞者と作品の間にインタラクション(相互作用)をもたらす表現手法のことです

つまり、鑑賞者の動きによって作品が変化する楽しさもあり、

鑑賞者が作品に参加することができます。

インターネットアート

インターネットアートとは、インターネットを主な媒介とする表現方法のことです。

WEBサイトやアプリ、SNSへの投稿といった形で発表されるそうです。

今ではなんでもアートに活用できるんですね。

アートとは奥が深いですね。

スポンサーリンク


有名どころでいうとだれ?

有名どころでいうと、

明和電機ですね。

青い作業服を着用した作品を「製品」、ライブを「製品デモンストレーション」と呼ぶ、中小企業風のスタイルで活動する兄弟アートユニットです。魚をモチーフにした「魚器(NAKI)シリーズ」や、オリジナル楽器電動「ツクバシリーズ」など、ナンセンスでユニークな作品を制作しています。作品をマスプロダクトに落とし込み大量流通するなど、新しい芸術の形を提案しています。

いろいろたのしそうですね!

鈴木太朗さんのプロフィール

それでは鈴木さんのプロフィールをご紹介します。

生年月日:1973年

出身:東京葛飾

出身大学:東京藝術大学

2002年  東京藝術大学 大学院 美術研究科 修士課程 修了

2005年  東京藝術大学 大学院 美術研究科 博士後期課程 修了

現在は、

メディアアーティスト・美術博士
アトリエオモヤ代表
環境芸術学会 会員
東京藝術大学 デザイン科 准教授
長岡造形大学 非常勤講師

東京藝術大学 デザイン科 非常勤講師(〜2013.3)
東京大学 大学院 情報学環 特任助教・非常勤講師(〜2013.3)

と多方面活躍しています。

鈴木太朗さんの作品はどこでみられる?

今のところ、展示会に行くしかないようです。

ここ最近では展示会をされていないので、

サイトを確認しておいてくださいね。

作品の購入価格(値段)は?

購入できる作品はないのですが、

クラウドファンディングがあれば、参加することができます。

こちらでみれます。

2003年に同コンセプトを引き継いでアーティストグループ「アトリエオモヤ」を結成。これまでに様々な仕事をこなしてきました。また2016年には、私の在籍する東京藝術大学デザイン科空間・演出研究室を「空間演出研究所」と名付け、産学連携を含めた新しい取り組みをはじめているところです。このプロジェクトは、東京藝術大学に繋がりのあるメンバーを持つ、アトリエオモヤと空間演出研究所による共同プロジェクトです。

引用:Ready for

もし次回あれば、ぜひ参加してみたいですね。

年収や結婚は?

鈴木太朗さんは結婚されているのか調べてみたのですが、

情報はありませんでした。

年収に関しては、鈴木さんは

東京藝術大学 デザイン科 准教授
長岡造形大学 非常勤講師

もされています。

年収は、

平成27年の大学准教授の平均月収は53万円、そこから推定される平均年収は857万円(ボーナス込)、推定平均時給は3,250円でした。

大学准教授の過去の推移を見ますと、800万円台後半あたりで安定的に推移しています。

という資料を見つけましたので、年収的には800万円くらいだと思われます。

 

まとめ

もしお近くで展示会などがあれば、

ぜひ足を運んでくださいね!

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です