柳井一海の年収や出身大学・高校を調査!結婚した嫁(妻)や子供はいる?

ユニクロを展開するファーストリテイリングが、

社長の長男と次男が取締役になりました。

長男さんが柳井一海さんです。

柳井一海さんの年収や出身大学、高校や、

ご結婚しているのか?

妻や子供さんはいらっしゃるのか、調査します!

スポンサーリンク


柳井一海の取締役昇格とは?

柳井一海さんのお父さんは、ファーストリテイリングという会社の会長兼社長です。

今回、父親である柳井正さんは、長男の柳井一海さんと、次男の康治さんに取締役に

昇格したことについて、

11日に行われた同社の2018年8月期決算会見に登壇した柳井社長は「私がいなくてもガバナンス(統治)が利くようにするため。決して経営者(社長)になるものではない」と否定した。

「まだ(社長職の)退任は考えていないが、自分がいなくなっても成長できるだけの人材は育っている」とも話した。

引用:WWD

柳井一海の出身高校や大学などの経歴は?

まずはプロフィールからご紹介します。

  • 名前:柳井一海
  • 読み方:やない かずみ
  • 生年月日:1974年

ファーストリテイリングの社長である柳井正さんの長男にあたります。

次男についての記事はこちら。

柳井康治の学歴!出身大学や高校はどこ?年収や結婚について!

柳井一海さんは、国際人としての教養を身につけるために、高校はスイス公文学園高等部を卒業されています。

このスイス公文学園高等部は、日本人の高校なのですが、スイスにあるのです。

本校は不思議な学校です。何しろ日本人の学校なのにスイスにあります。日本人なのに学校では英語を使うことがたくさんあります。全授業の半分以上は英語の授業です。そうした環境で、卒業までの3年間で、英語圏の大学で勉強を続けられる程度の英語力がつきます。見聞を広げるために修学旅行は年に3回もある上に、日帰りの旅行も随分とあります。夏学期には20人程の「外国人」(本当はここでは日本人が外国人ですが)と机を並べます。MUNという大きな国際会議(英語)、ヨーロッパで行われる音楽祭に参加する生徒もおり、ボランティア旅行に行く生徒もいます。クラブ活動の試合に行けば相手はインターナショナルスクールの「外国人」ばかりです。
英語ができるようになって、日本ではできない体験ができるのですから、生徒たちは有意義な3年間を過ごしています。

引用:スイス公文学園高等部サイトより

日本に基盤があるのですが、スイスの高校で3年間学び、

英語や国際的な感覚を身につけられます。

高校卒業後はアメリカのボストン大学に進学しています。

大学院まで出ておられて、MBA(経営学修士)を取得した後に、

アメリカの金融大手ゴールドマン・サックスに入社しています。

MBAを習得しておられますから、取締役になっても実力が発揮されるでしょうね!

ゴールドマン・サックスの投資銀行部門を経て、リンク・セオリーに

入社しておられます。

のちにこのリンク・セオリーは、父親の会社であるファーストリテイリング

の傘下に入っています。

そして、柳井一海さんは子会社の執行役人になっています。

まだ若いのに実力をお持ちのようですね。

スポンサーリンク


柳井一海は結婚している?妻や子供は?

柳井一海さんの情報は少なく、結婚しているのか、子供はいるのか

情報はありませんでした。

もし結婚していなかったら、世の女性たちは狙っちゃいますね!

もちろん結婚はお金ではないですけどね。

世の中の声は?

ツイッターでは、こういう意見もありますので、社内にもこういう考えを持っている人がいるかもしれませんね。

ただ、柳井正社長は「私がいなくてもガバナンス(統治)が利くようにするため。決して経営者(社長)になるものではない」

と言っておられ、「まだ(社長職の)退任は考えていないが、自分がいなくなっても成長できるだけの人材は育っている」

と言っていらっしゃるので、他にも優秀な役員の方はいらっしゃるのでしょう。

まとめ

柳井一海さんは国際的な感覚をもった優秀な人材のようです。

結婚されているかは不明でしたが、今までの経歴は素晴らしいですね。

会長も安心できるのでしょう。

スポンサーリンク






 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です