奈良岡朋子の現在!結婚して夫はいる?若い頃の画像(写真)や姪を調査!

10月13日にNHKのSWITCHに出演される奈良岡朋子さん。
今でも綺麗な方ですが、現在どんな活躍をされているのでしょうか?
また、結婚されているのでしょうか?

若い頃画像や姪について調査します。

スポンサーリンク


奈良岡朋子のプロフィール・若い頃の画像を調査!

それでは、奈良岡朋子さんのプロフィールについて調べてみましょう。

  • 名前:奈良岡朋子
  • 生年月日:1929年12月1日
  • 出身地:東京都文京区
  • 出身高校:府立第一高女(現・東京都立白鴎高等学校)
    青森県立弘前中央高等学校卒(疎開したため、転校している)
1951年に女子美術大学洋画科を卒業しています。女優さんだから。舞台芸術とか学んでいるのかなと思いましたが、
お父さんは洋画家の奈良岡正夫さんということで、洋楽にも興味があったのでしょうね。

大学在学中[2]の1948年に民衆芸術劇場付属俳優養成所に1期生で入所しました。同年の『女子寮記』の寮生役が初舞台となっています。
その後も長く舞台にたち、たくさんの公演で出演されています。

1992年には紫綬褒章を受章され、

2000年には勲四等旭日小綬章を受章。

実力も折り紙つきの名女優さんです。

石原裕次郎さんも最も尊敬していた女優です。

また、杉村春子さんとも生涯にわたって実の妹のように可愛がってもらっていたと言います。

その上、美空ひばりさんとも友好があります。

それぞれの時代の有名な方達に気に入られて、人がらも良いのだと思われます。

若い頃も綺麗な方です。

今でも歳を綺麗に重ねてらっしゃいますが、若い頃もお綺麗。

今の芸能界にも綺麗な方がたくさんいますが、昔の女優さんの若い頃って、神秘的に綺麗ですよね。

ああ羨ましい。

奈良岡朋子の現在の活躍は?

現在も現役で活躍されており、大竹しのぶさんを実娘のように可愛がっておられます。

たくさんの人に愛された奈良岡さんは、自分も面倒見がいいのですね。

現在も映画やドラマ、舞台などでも活躍されています。

受賞歴もとてつもなく

  • 芸術祭賞奨励賞(1963年)
  • 紀伊国屋演劇賞(1970年)
  • 第8回放送批評家賞(ギャラクシー賞)(1971年)
  • 菊田一夫演劇賞(1981年)
  • 紫綬褒章(1992年)
  • 勲四等旭日小綬章(2000年)
  • 第10回日本映画批評家大賞功労賞(2000年)
  • 芸術祭賞大賞(2005年)
  • 毎日芸術賞(2006年)
  • 読売演劇大賞
  • 優秀女優賞(2007年)
  • 芸術栄誉賞(2016年)[3]
  • 川崎市文化賞(2014年)

すごいですね〜!長い間一つのことを極めて、女優として歴史に名を残す方だと思います。

いまでも、活躍されていて、大河ドラマにも多く出演されています。

  • 1963年の「花の生涯」
  • 1969年「天と地と」
  • 1971年「春の坂道」
  • 1976年「風と雲と虹と」
  • 1986年「いのち」
  • 1989年「春日局」
  • 2008年「篤姫」
  • 2011年「江~姫たちの戦国」

スポンサーリンク


奈良岡朋子は結婚している?夫は誰?

奈良岡朋子さんは、一度も結婚しておられません。

ですので、お子さんがいらっしゃらないので、大竹しのぶさんを非常に可愛がっておられます。

こういう子を養女にもらいたかった

とまで言われています。

大竹しのぶさんとは1975年に水色の時で共演されたのがきっかけで、可愛がっておられるそうです。

本当に女優一筋でいらっしゃったんですね。

奈良岡朋子の姪は?

奈良岡朋子さんの姪は、丹野郁弓さんで、舞台演出家をしておられます。

叔母である奈良岡さんの影響を受けておられるようですね。

まとめ

交友関係も広く、様々な舞台に立ち、賞もたくさん取られている奈良岡朋子さん。
今でも精力的に活躍されています。

一つの道を極めて努力される姿は素晴らしいですね。

交流関係も広く、石原裕次郎さんや美空ひばりさんなど、時代のスターとの交流も深く、
人々に愛されています。

またご自分も大竹しのぶさんを可愛がり、次の時代に繋げようとされています。

こういう女性はすてきですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です